夢をかなえるゾウ(水野敬也さん)の自己啓発本を読んでリアルに夢が実現するか?検証

飛鳥新社の本を実践中!

コーチングは高いリーティング能力が必要?

time 2015/12/29

●コーチングという職業の難しさ

対人関係で、ビジネスで、コーチングのスキルを取り入れることができたらすばらしいですよね。コーチングにはどんなスキルがあるのでしょうか?

最近はビジネス研修などにも取り入れられることが多い「コーチング」。コーチングには様々な思考の方法やコミュニケーションの方法がありますが、そんなスキルの中でもっともコーチングに重要なのが「リーディング」の能力です。

●リーディングは誰でもできる能力ではない

リーディングとは、言葉の通り、クライアントや相手をリードする=導くスキルのこと。結果を出したいクライアントに、適切なアドバイスを与え成功に導くこともリーディングですし、落ち込んでいるクライアントがコーチングにより活力を得たいと望むならその方向にリードしていくこともコーチの役割です。

あくまでクライアント側に立ち、大胆にクライアントを揺さぶったり(時にはそんなリーディングも必要かもしれませんが)、コーチ側の自分本位の結末に終わらせたりしないのが良いリーディングです。そんなコーチングには、きっとクライアントの中には不満が残るはずです。

●高いペーシングスキルが必要

さらにコーチングにはペーシングや承認など外のスキルも欠かせません。実際にはこれらのスキルの方が、実際のコーチングには求められます。ペーシングとは、姿勢、表情、言葉などを相手に合わせる技法のことです。

相手がゆっくり話すなら、こちらもゆっくり話す、笑うならこちらも笑うなどです。承認とは、その人を認め、その人に光を当てる技法です。誰かに認められるととっても嬉しいですよね。承認により、自分の見えない努力に敬意が払われたなら、また次もまた頑張ろうと思えます。

ペーシングや承認のスキルをちりばめながら行うセッションでは、クライアントはコーチを信頼できる人だと思うでしょう。そしてセッションの満足度もきっと高くなるはずです。

●セッションはさらに困難

コーチングにはリーディング能力は必ずしも重要ではありませんが、そのセッションの方向性や着地点を決めるのには必要不可欠なスキルです。セッションの中では、クライアントの状況によっても強いリーディング能力を求められる場面もあるでしょう。しかし、リーディングの能力は一朝一夕で身につくものではありません。

他者を観察する力を養い、適切に導いていけるようになるには多くの経験が必要です。たとえ今はリーディング能力が低くても、ペーシングや承認のスキルも合わせて活用することにより、相手との貴重なセッションを成功に導いていくことができるでしょう。

 

 

今週の人気記事

  • 名言 名言 ●ガネーシャの名言集 今まで自分なりに考えて生きてきてそれで結果出せへんから、こういう状況になってるんと... 4 views
  • なぜスピリチュアルが必要? なぜスピリチュアルが必要?... ●スピリチュアルの世界観 アセンションという言葉を聞いたことがありますか。スピリチュアルではよく使われる... 1 view

Amazon

日用品・食品・飲料



楽天

管理人プロフィール

サイト編集者のけんぞーです!(o^∇^o)ノ
水野敬也さん、夢を叶えるゾウをまとめたサイトを運営しています。

私は今まで、色んな自己啓発を学んできました。
夢をかなえるゾウも読み、実践しました(*´∇`*)

しかし、実際に行動に移せる人は少ないということを風の噂で知りました。

本を読んで、実際に、お金持ちになった人がいないのです。

夢をかなえるゾウはあくまでエンターテイメントの作品だからだそうです。

今も多くの正社員やフリーターが「お金持ちになれない」と 悩んでいるのではないでしょうか?

これはマズい!と思い、1人でもたくさんの人を救う プロジェクトをたちあげました。(⌒∇⌒)

このブログはそんなボランティア活動の一環です。

記事はそんな私に共感してくださる女性に 執筆していただきました。

もし強く賛同してくださる人がいたら、ぜひ、連絡ください(^▽^)/

1人で悩まず、いろんな人に協力して支えてもらいましょう。

このサイトが皆さんに役立つことを祈っています。